レディー

ユーザー車検で費用を抑える|代行業者を利用してみよう

いざという時の強い見方

カーナビゲーション

事故現場の証拠として使われることの多いドライブレコーダーですが、これは一般の人も購入して使うことが可能です。ドライブレコーダーには2種類のタイプがあり、常時録画タイプのものと、イベント記録タイプがあります。それぞれの違いは、常時録画タイプはエンジンをかけてから停止するまでの間は常時録画しつづけるタイプのことです。この録画可能時間は、画質設定やSDカードの用量などによって異なります。イベント記録タイプの方では、急ブレーキや衝撃が加わったときを感知して自動的に録画するタイプです。それ以外でも人気で録画をして使用することもできます。しかし、この感知タイプのものは事故によっては記録できない場合などもあるようです。常時録画タイプの場合は、事故以外にもドライブの記録として後から楽しむこともできます。
ドライブレコーダーは、フロントガラスに設置するものであるため気温の変化に強いものや多湿に強いもの、衝撃に強いなどの耐久性があるものが求められます。カメラとして最も重要なのは、そのカメラの鮮明さです。どれだけ鮮明に映るかによって、事故前の周りの状況や車種を特定しやすくなります。よくトンネルを抜けるときや、夜間の運転時にある白とびはHDR合成技術というものによって抑えているカメラもあります。料金としては、約1万から2万円ほどのものです。各メーカーによって値段や性能に違いがあるので、いくつかのメーカーのドライブレコーダーを比較することが大事です。